「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金」奨学金のご案内

  • 奨学金
  • 交流・研修
  • 花壇再生
  • ボランティア活動

希望を、明日へ。

実施校レポート

【第1回】気仙沼市立大谷小学校

2011年5月7日(土)に宮城県気仙沼市にある気仙沼市立大谷(おおや)小学校にて第1回「花壇再生プログラム」を実施しました。
当日は日本ユネスコ協会連盟と三菱東京UFJ銀行仙台支店の行員およびご家族の約20名がボランティアとして参加し、花壇再生に汗を流しました。
花壇は津波で海水を被っており、塩害を受けた土を掘り起こし、新しい土を入れ替えます。その後、サフィニアやミリオンベルの花苗を植え、花壇の再生を行いました。
藤村校長先生からは「震災後、学校の復旧に追われ、花や緑にまで目がいっていなかったが、皆さんのお陰で花壇も見事に再生し、子どもたちも喜んでくれると思います」とおっしゃっていただきました。


 
苗を植えた当時はまだ緑の葉っぱが整然と並ぶ感じでした。
 

 
藤村校長先生を囲んで、ボランティアメンバーが記念撮影を行いました。
 

 
2ヵ月後に、再度、大谷小学校を訪れてみると、花は満開になっていました。児童のみなさんが一生懸命に水やりを行ってくれたおかげです。
 

ページTOPへ
ボランティア参加者からのコメント
  • ボランティア活動に参加させて頂き、ありがとうございました。大変有意義な一日でした。
  • 子どもたちが花壇の花を見て少しでも心が和んでくれるのであれば非常に意味のある活動だと思った。
  • 少しでも被災した子どもたちの笑顔や地域の癒しに繋がれば嬉しく思います。
次へ

ページTOPへ