「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金」奨学金のご案内

  • 奨学金
  • 交流・研修
  • 花壇再生
  • ボランティア活動

希望を、明日へ。

実施校レポート

【第29回】南三陸町立名足小学校

2013年11月16日(土)午前、宮城県の南三陸町立名足小学校で第29回「花壇再生プログラム」を実施し、日本ユネスコ協会連盟と三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券等の社員28名がボランティアとして参加しました。

名足小学校は、震災で津波被害に遭い、10月まで近隣の学校内の仮設校舎で授業を行っていました。津波を被った花壇の土を入替え、約1,500株の花苗を植えることで、元の校舎に戻ったばかりの花壇に彩りを加えました。

 
津波を被って土を取り出した花壇に、新しい土を入れました。
 

 
お花を植えて、花壇完成です!
きれいにできました!
 

 
全員で集合写真の撮影。
新しい校舎にあわせて、花壇もリニューアルできました。
 

ページTOPへ
ボランティア参加者からのコメント
  • 被災された方のお話を直接聞いて、大震災から月日は経っていますが、とても衝撃を受けました。自分にできることはもっと他にないか考えさせられました。
  • 震災後、多くの人がボランティアとして来てくれることが励みになったと先生が仰っていました。慌しい日常を送っていると、不自由な生活をされている方々のことを忘れがちになってしまいますが、継続して支援していけたらと思います。
前へ
次へ

ページTOPへ